FC2ブログ

スノスコチラシ裏

適当に書きます。

トップ記事

これはトップ記事です。常に上に表示されます

▼ワイのTwitter
Twitter

▼Thomas HarperとしてのYouTubeチャンネル
Thomas Harper YouTube

▼SnowSchopとしてのYouTubeチャンネル
SnowSchop YouTube

スポンサーサイト

PageTop

Youtuber・ゲーム配信者が丸くなってキレが無くなる仕組み?

最近ちょっと余りもの動画を投稿しましたが(これ)
僕は去年あたりからあまり動画を投稿しなくなりました。
なぜかとよく聞かれるんですが、単純に去年忙しかったからのもありますが大きな理由があります。
それは素材である関さんにキレが無くなってきたからです。
勝手に変な動画を作っておいて大変失礼な話ですが(笑)これにはワケがあります。

ゲーム配信者、もしくはYoutuber等のネット有名人にありがちですが、ビジネスを意識し始めさらなる新規ファンを開拓しようとすると多くの人に受け入れてもらうため大衆受けする言動をするようになります。
大衆受けする言動とはすなわち当たり障りのないクリーンな人です。
そしてネット有名人は有名になるまでの下積み期間は過激な言動・大げさなリアクションで注目を集めることが多いです。
しかし過激な言動は一部の人間にしかウケません。
なぜならば大半の人間は常識があり、そういった変な言動の人間には眉をひそめます。
注目を集めて多くの人間に知ってもらってその中からネット有名人(予定)に価値観が合う人がファンとして残ります。
その後、ある程度有名になりビジネス化しさらに成長しようとする時結果的に軟化するという仕組みです。

ある配信者を昔から見てる人が、昔は視聴者も含めて面白かった・今はキッズだらけ・昔に戻ってほしい等のあるある懐古老〇発言はこれが原因だと考えられます。ネット有名人の言動だけではなくファンの層にも変化が表れているので当然ですね。
関さんと同じゲーマーで例を挙げるとNinjaがいい例で
▼キレがあったころのNinja

▼子供を煽る男だったのに子供優しくなるNinja

即落ち2コマかな?
なおNinja本人は学校をサボりまくってゲームしていた模様。

ゲーム配信の宿命ですが視聴者の大半が若者特に子供が多いのでご配慮も大事になってきます。
もちろんゲーム配信者でもひたすら過激な発言が大好きなアレな人種をかき集め有名人になる例外もいます。(ニコ生出身者に多い)

関さんはもはや陰キャヒキニート配信者ではありません。DeToNatorという組織に入り、そこの運営会社であるGamingDの社員にもなっています。社会人として会社の顔として変な言動は許されないのです。
さらにゲーム配信で獲得してきたキッズ若者の視聴者を多数抱え、少しでも変な言動をすればご意見が飛んできます。
ご意見がくればヤマトンさんの胃が持ちません。

よって新たな動画の素材がなかなか誕生しなくなったのです。昔の過激な素材を使い回しし続ければ飽きられるのは目に見えているので動画を作らなくなりました。配信もあまり見ないのでモチベーションも出ないし。
9割くらい完成してる動画はいくつかあるのでもしやる気がでたら投稿するかもしれませんね。

PageTop

陰キャはiPhone使うな

どうも最近iPhoneからandroidスマホに変えようと思ってるスノスコです。
昔はandroidを使ってたんですが4年前くらいにかっこつけてiPhoneにしたんです。
そしたら脱獄しないと全然中身いじれないし音楽や画像動画を入れるのにいちいちiTune必須。
陽キャはスマホの中身いじくりまわそうともしないし、そもそも母艦のPCを持ってないからデータを入れる時の煩わらしさを感じることもないのでこの糞デバイスを普通の顔で使えるんだろうなと思いました。
また自分は陰キャなんだなって改めて感じた。
androidって今どんな機種があるんだろう。爆発しないやつで日本製中国製じゃないやつでいいのないかな~。僕も祖国日本嫌いじゃないですけど日本製スマホ触った時流石に日本の衰退感じたんで・・・。中国製は普通に情報抜かれるのでNG。

ちなみにandroidを使っていた時僕はホームをカスタムするのにハマっていました。自分でおほ~たまんねぇ~っと言っていたのを自慢したいので晒します。
▼1
1438593904942.jpg
機種はIS03です。今見ると解像度低っく!
▼2
1438593901915.jpg
ミラーズエッジを意識した奴
▼3
1438593901330.jpg
サブカル系っぽい
▼4
1438593903027.jpg
今は亡きWindows PhoneのUIを再現するアプリで作ったもの。当時はWindows PhoneのUIにめちゃくちゃあこがれていたが死んでしまった模様。

これらは母艦のPCを使わず、スマホ本体のみで作りました。androidってやっぱ神だわ。
ちなみにカスタムしても重くなるどころか大半のホーム改造アプリのほうが純正ホームより軽かったです。ほかの機種は分かりませんが大半のアプリが軽快な動作を売りにしてることが多いので大体軽くなると思います。
スマホだけではなくPCのデスクトップもRainmeterを使ってカスタムしてましたが、言うほどデスクトップを見ないことに気づいてやめました。

PageTop

死んでいった基本無料FPSシリーズ その1 精力剤とタイアップしたFPS 「CODE NAME STING」

ネタを思いついたので唐突に投稿します。

2000年代から数々の基本無料FPS(韓国産の)が登場し消えていきました。僕が小中高あたりの頃に全盛期を迎え、僕の青春の1ページと言っても過言ではないです。
 これらの作品は日本のFPSプレイヤーの人口を大幅に増やし、日本のFPS界を盛り上げるのに一役買ったと思います。実際僕のように無料FPSからFPSを始めたという人も多いのではないでしょうか。これらのゲームは大抵クオリティは低い物ばかりでしたが謎の魅力を持っていました。
 そして僕はこれらの作品がこのまま忘れられる前に情報を整理しておきたいと考えました。なので特に短期間で終了してしまったマイナーな物を取り上げようと思います。誰かが何かのきっかけでこのブログを見て存在を知ったり思い出したりしてくれれば幸いです。

002.jpg
1回目はSTINGというFPSです。
基本的な情報はニコニコ大百科等の他サイトにある程度まとまっているので簡単に書きます。

正式サービス開始 : 2009年8月6日
サービス終了 : 2011年2月20日
運営 : YNK JAPAN
開発 : 韓国YNK GAMES

このゲームはなんとあのSourceEngineを採用。実質Apex Legends実際のゲーム感はまんまCS:Sでした。
ストーリーは北朝鮮でクーデターがあり、金正日が行方不明になり、なんやかんやで6か国協議の参加国の特殊部隊がなんやかんやで戦うというお話です。
ゲームの内容は基本無料FPSにありがちな典型的カウンターストライククローンでした。爆破モードやチームデスマッチ等の比較的オーソドックスなモードがあるごく普通のFPSでした。上のプロモ動画を見ていただくとわかると思いますが硬派な雰囲気のFPSです。(ここ重要)
日本のサービス開始前からアメリカ版、韓国では1年サービスしていたようです。
また無料FPSではめずらしい「MOD」機能がありました。
というかこの4gamerの記事見て思ったんですが当時の無料FPSって謎のアイドルやらコンパニオン的な人を呼ぶの好きですよね。なんでなんでしょうかね。

実際のプレイ動画

このゲーム最初は順調な滑り出しを見せます。数々のイベントやアップデートを繰り返しそこそこ盛り上がりを見せていました。
しかしこのゲームがおかしくなるのは2009年11月2日に一時サービスを休止し、2010年2月26日にリニューアルしてサービスを再開してからでした。

リニューアル後のYamaton先生の実況動画


あれ何かがおかしい・・・
そうなんです。リニューアルしてからSTINGは迷走し始めます。
CODE NAME STING改めゲームタイトルはSTINGになり。待ち望んだサービス再開。STINGプレイヤーを待ち受けていたのは・・・・
・硬派なFPSだったのにMMORPGのようなキャラクターの顔グラ(サドンアタックも・・・・
・敵味方同一の服装
・テンポの遅い銃の連射と移動速度
・βテスト中なのに課金アイテム販売開始

以上出典ニコニコ大百科(コピペ)
・走り撃ちでも弾が当たるようになった等カジュアルな仕様に調整(これは人によって評価が分かれる)
そして特に問題だったのがSTINGが幸運のブレスレットと精力剤とタイアップしたことでした。買うとゲーム内アイテムが貰えました。
実際のサイト→http://one-r.co.jp/tieup_page/
4b319c9cb33b1dbbbc5085eeb52742b2.jpg
STING運営スタッフも飲む!(迫真)
数多の無料FPSの運営たちは劣悪な仕事ぶりが珍しくなく滅茶苦茶することも多かったのですが、中でもこの事件は一二を争うレベルでひどい物でした。ところで本当にこの精力剤飲んでたんですかね?ギンギンで仕事してた可能性が
R6Sのような各国の特殊部隊が活躍するFPSから厨二病キャラが出てくる謎のFPSに変わったのでした。

ちなみに記事を書くにあたって4gamerの記事をざっと見ていたのですが・・・・
この2009年6月5日の記事
7f6f4604f074313fead47d91b9f1181a.jpg
予兆はあった
4gamerの記事のキャラ紹介とヤマトン先生の動画のキャラ紹介を見比べるともう別のゲームですね。
洗練されスギィ!

ところで当時自分はサドンアタックをやっていて所属していたクランに昔STINGにハマっていたと言うクランメンバーがいました。
彼は当時こんなに夢中になれたFPSは今までにない、サドンアタック引退するかもなwとまで思ったそうです。
しかしリニューアル後から彼は毎日サドンアタックのクラン戦に参加するようになったそうです。

面白いのは公式サイトはもう消滅してるのに怪しげなタイアップのサイトはまだ生きているところですね。なにか運命的なものを感じる(適当)
その後、このゲームは無事死亡(当たり前)。2011年2月20日をもってその歴史に幕を閉じます。
サービス期間はおそらくかの有名な高速終戦エンドマスの次に短いという結果になりました。

PageTop

Thomas Harper 没になった動画案・動画 その1

自分、前々からようつべのThomas Harperというサブ垢で投稿していたのですが没になった動画・案がいくつかあります。
中には動画を途中まで作るどころか作ることもなく案だけで終わったやつもあります。しかしアイディア自体は面白いと自分では思っています。のでそのまま闇に葬るのももったいないと考えたので何回かに分けて紹介していこうと思います。

StylishNoob Ult集3
これは途中まで作りました。が、HoI4にハマり素材集めを怠り作るのをやめました。
結構待っていた人も多いかと思います。申し訳ナス!
そしてPUBGの旬が過ぎもう作る意味はないということで製作は中止。僕はHoI4をプレイし続けました。
↓これが未完成のULT集3

「己と向き合い、ついにPUBGに復帰したStylishNoob」の0:40~ 実は使いまわしなんですよね。

ヤンデレの妹に死ぬほど愛されて眠れない関さん
これは古いネットミームのパロディです。僕と同年代の方は知っているネタなのではないでしょうか。
↓未完成品

見てわかる通りセリフがスカスカです。会話をさせるには莫大なセリフが必要になり仕事量が膨大になるので断念。製作していた時期にHoI4にハマった
これのMADを作っていたニコ動の投稿者さん達はすごいと思いました(小並感)
このヤンデレ妹MADの見所は妹が暴れだしてからなのですがそこを作る前に断念。関さんの絶叫が生かせませんでした。

今回紹介するのはこれだけです。全部紹介するととてつもなく長くなるので・・・・。
プロジェクトファイルを見ていたら意外とボツ動画が多かったので驚きました。主に自分が無駄にした時間に。

PageTop